パーキンソン病は、脳で作られる神経物質ドーパミンが減少して起こります。多くは40歳以降に発症し、国内に12万人ぐらいの患者さんがいるとみられます。以下のような症状が少しずつ増えていき、発症後数年で大部分の症状がみられるようになります。もっとも多い初期症状は手のふるえです。

 

  • 手足のふるえ(安静にしている時にみられる)
  • 筋肉のかたさ(本人には分からない)
  • 動作が遅い
  • まばたきが少ない
  • 表情が乏しい
  • 声が小さく聞き取りにくい
  • 字が小さくなる
  • 転びやすい
  • 便秘がち
  • 顔があぶらっぽい
  • 汗が多い
  • よだれが出る

 

はじめから全ての症状が出るのではなく、次第に増えていくことに注意してください。ひとつでも当てはまる症状があれば、パーキンソン病の兆候かもしれません。
 

治療法
パーキンソン病は自然治癒することのない難病ですが、上原クリニックの治療では、進行をコントロールしたり、症状の改善を図ることができます。多くはお薬(ガングリオシドなど)の内服で目に見える効果を得られ、治療時に苦痛を感じることはありません。
 

ganglioside

ガングリオシドは、あらゆる動物の細胞膜に元々存在する重要な物質です。特に大脳においては、全重量の0.1%を占めています。有名なGM1(ガングリオシドの1種)には神経細胞を再生する効果があり、更に上原クリニックでも使用している「複合ガングリオシド(GM1+GD1A+GD1B)」は、以下のような症状が改善できることが分かっています。
 

  • パーキンソン病
  • 脳卒中
  • 認知症
  • 小児麻痺
  • 不眠
  • 疲労
  • 健忘
  • 注意力散漫

 
上原クリニックの複合ガングリオシドは、1日1回お休み前に服用するだけですので、今までのように通院治療(注射)をする必要がなく、忙しい方にも最適です。
また、10年間の臨床検証において、副作用や中毒を起こしていないという安全性も、特筆すべきメリットのひとつです。それゆえ、予防的な使用を含め、長期服用しても問題ありません。

ガングリオシド1包(240カプセル)168,000円
1日量:6〜8カプセル

上原クリニック
 
キャンペーン
 
斎藤院長ブログ
 

〒151-0066東京都渋谷区西原3-7-6-2F 03-5452-0783 小田急線・千代田線「代々木上原駅」より徒歩1分

 
モバイルサイト